収益物件の買取には注意が必要|業者選びには気をつけよう

ウーマン

留守宅を有効活用する方法

内観

リロケーションとは転勤等に伴う住所移転全般をマネージメントするサービスをいう言葉ですが、そのメインとなるのが留守宅の管理です。最近では定期借家制度を利用して期間限定の賃貸住宅として有効活用する例が目立っています。

詳しく読む

時間効率をあげる方法

お金

家賃相場は自分がどんな賃貸物件の経営をするのか決めてから調べましょう。独り暮らし向けやファミリー向けなどの種類がありますが、経営する物件と調べた物件の種類が違うと全く意味が無いデータになります。家具付きかデザイナーズなのかも考えて調べると意味があるデータになります。

詳しく読む

代行業者を探しているなら

模型を持つメンズ

airbnb代行会社を使ってみることでよりサービスを快適に利用できます。沖縄にはいくつも代行会社がありますが、こういった会社を選ぶ上で大事なのがサービスセンターがしっかりしているか、といったことや掃除の丁寧さです。

詳しく読む

トラブルを避けるために

家

相続で保有した場合

不動産投資を行われたことがない方が、収益物件を保有するとどうなるのでしょうか。収益物件は安定した家賃収入をもたらしてくれますが、適切な運営が必要不可欠です。誤った運営をしてしまうと、毎月赤字を垂れ流してしまいます。また、入居者に適切に対応しないと、入居者トラブルを引き起こす原因となります。その他、毎年確定申告もしなければならず、大きな負担がかかってしまいます。不動産投資を行ったことがないにも関わらず、相続で収益物件を保有することになった方は買取で現金化してみてはいかがでしょうか。買取で収益物件を現金化することで、様々な不動産投資に関わるトラブルや負担から開放されます。収益物件の保有が負担となっている方は、買取が大きな味方となってくれます。

現金化までが早い

不動産投資に関わる負担から開放される買取は、現金化スピードが非常に早い特徴があります。一般的に不動産を売却する際には、広告を出し買主を募ります。しかし、買取は不動産会社や買取業者が買主となるため、広告を出すことも買主を募ることも不要です。数日から数週間で全ての手続きが完了するため、非常に早く収益物件を現金化することができます。また、不動産を売却する際には、仲介手数料を支払うことが一般的です。売却価格の3%+6万円が仲介手数料の相場であるため、3000万円の売却価格であれば96万円もの仲介手数料が発生します。しかし、不動産会社や業者が相手の買取は、仲介手数料が不要です。仲介手数料を一切支払う必要がないため、買取価格全てを手元に残すことができます。