収益物件の買取には注意が必要|業者選びには気をつけよう

メンズ

留守宅を有効活用する方法

内観

賃貸契約の新しいスタイル

従来、標準的な賃貸住宅の入居契約においては契約期間を2年間とし、特別な事由か借り手側からの意思表示がない限りは期間満了後も更新されるというのが通例でした。これに対し、これまでとは違った契約方式を可能にしたのが2000年から始まった定期借家制度です。この制度の発足により、契約期間を自由に設定できる代わりに期間が満了すれば契約は当然に終了するという新しいスタイルの賃貸経営ができるようになりました。この制度の発足を機に、改めて脚光を浴びるようになったビジネスがあります。それがリロケーションです。リロケーションとは本来は転勤者等の住居移転に伴うサービス全般をいう言葉ですが、現在では留守宅の有効利用を指す言葉として知られるようになっています。

管理は専門会社にお任せ

たとえば3年間の海外赴任を命じられたが、帰国後は元の職場に戻ることが決まっている会社員がいるとします。この場合、マイホームを売却してしまうと戻って来た時にまた住居探しをしなくてはならなくなりますし、かといって3年間も空き家のまま放置しておくというのはいかにも不経済です。こうした場合にリロケーションサービスを利用すれば、留守中のマイホームを3年間だけ賃貸住宅として活用するといった選択肢が生まれることになります。マンションなどによっては管理規約で禁止しているケースもあるので注意が必要ですが、いわゆる「又貸し」に比べると比較的許容されています。留守中の管理や家賃収納、帰国時の退去手続きなどはすべて専門のリロケーション管理会社が代行してくれるので安心です。